お茶人のこだわりを伝える茶の湯釜  釜師 吉羽與兵衛

略歴

 

初代 吉羽與兵衛
1895年
京都四条室町に生まれる。幼名を健之助という。
1906年
12歳にして京都三条釜座の千家十職大西家13代目浄長の門下に入る。
1925年
大西家より別家を許される。
師匠浄長より與兵衛の号を受け京釜師として独立する。
表千家様即中斎宗匠、裏千家淡々斎宗匠より御箱書及び御好の釜の御用を賜る。
爾来京釜の伝統を守り各種展覧会に出品受賞し、技術保存優秀作家に指定も受ける。
1972年
喜寿を期に長男宗敏に與兵衛を譲り、隠居名を惣與とする。
1977年
著書「釜」光琳社 晩年の作品制作に意欲をもやし、又、後継者の指導、小作釜の鑑定研究にふける。
1983年
「京釜の真髄」と題して、京都高島屋にて、米寿記念展を催し、最終晩年の作品を発表する。
1986年
91歳にて没す。
二代目 吉羽與兵衛
1930年
初代 與兵衛の長男として生まれる 本名宗敏
1947年
家業釜師の修行に入る
1972年
二代 與兵衛を襲名
爾来京釜の伝統を厳しく守り
新しい創造を求めて研究製作に打ち込む
1974年
東京にて與兵衛襲名記念展
1975年
京都にて與兵衛襲名記念展
1981年
東京日本橋三越本店にて第一回個展 爾来三年ごとに個展催す
1984年
広島にて個展および文化講演会「京釜から見た茶の文化」
1986年
岡山にて個展および文化講演会「京釜の製作とその見方」
1989年
名古屋三越本店にて第一回個展
1990年
京都にて個展
1992年
福岡にて個展
1993年
同門会愛知支部にて講演「京釜の製作とその見方」
名古屋三越栄本店にて第二回個展
1994年
同門会長崎支部にて講演「京釜の製作とその見方」
1995年
茶の湯同好会夏期大学にて講演「京釜の生まれるまで」
1997年
札幌にて文化研究会および講演
2000年
茶の湯同好会夏期大学にて講演「芦屋 天明 京釜」
2002年
表千家北山会館定期公演会にて講演「京がま あれこれ」
2003年
東京日本橋にて第八回個展
2005年
京都島屋、東京日本橋三越本店にて喜寿記念展
2008年
長男柾人に三代與兵衛を譲り、二代惣與となる
三代目 吉羽與兵衛
1968年
二代 與兵衛の長男として生まれる 本名柾人
1985年
先代、先々代のもと仕事場に入る
1991年
京都芸術短期大学(芸術学部立体専攻)卒業
美術茶道具商中西松豊軒に茶道美術全般の勉強のため修行に入る
1994年
先代に師事し家業釜師の修行に入る
2008年
三代 與兵衛を襲名
京都、東京、岡山等、各地で襲名展を催す